デリケートゾーンを自分なりの洗い方をしてきたけれど果たしてこれは正解なの?

あなたはどのタイプ?

  • 専用の洗剤でゆっくり洗う
  • ボディソープを泡立て、撫でるようにやさしく洗う
  • ボディソープを泡立てた、ボディ用のスポンジで洗う
  • 体全体を洗うときと同じように洗う
  • お湯でササッと流す程度
  • シャワーだけで洗う

 タイルの上のバスグッズ7

とにかく優しく洗いましょう!

デリケートゾーンが清潔でないと、かぶれや臭いがきつくなるリスクがアップします。
デリケートゾーンは汗をかきやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。

きちんと洗わないと菌が増えてかぶれてしまったりかゆみが出たり

臭いがきつくなってしまう可能性が出てきます。

デリケートゾーンの臭いが気になる。
デリケートゾーンは、匂いが強い汗が出やすい場所でもあるんですね。

あまり友達とかには相談する機会はないと思いますが

実はかぶれや匂いなど悩みを持っている女性は案外多いんですよ。

正しく洗って、デリケートゾーンを清潔に保つようにしましょう。

デリケートゾーンの正しい洗い方とは?

お湯のみで洗うと良い、石鹸を使って洗うといいなど、色々と言われていますが、

弱酸性や敏感肌用のものなど低刺激の石鹸を使うのがオススメです。

お湯のみだと洗浄力が低いですし、刺激が強いものだとかぶれてしまう可能性があります。

ですから、低刺激のものが最適みたいです。

洗う時にタオルやスポンジを使ったり、

スポンジで洗うのはNG

ゴシゴシ強くこすると、肌が傷ついてしまう恐れがあるので

デリケートゾーン洗うときは、しっかりと泡立てて、手で優しく洗ってください。

手で洗う

 

膣や肛門の内側の部分は洗う必要はありません。

特に 膣には本来正常化作用があるので、
表面の手で洗える部分だけやさしく洗えば大丈夫です!

洗いすぎは悪臭を抑えてくれる 善玉菌まですべて洗い流してしまい、

逆に悪玉菌が増えてしまいます。

生理の時はどう洗えばよいの?

ちなみに生理の時って悩みますよね。
実は、通常と同じ洗い方で問題ありません。

そして、洗ったあとに乾燥をさせることが重要です。

お風呂から上がって適当に体を拭いた後、

すぐに下着をつけてしまうとムレて雑菌が繁殖してしまうんです。

 

ヘアドライヤーを使う女性

特にかゆみが出やすい人は髪をかわかすのと同じくドライヤーをあてて、

しっかりと乾かしてから下着をはくのがオススメです。

デリケートゾーンは清潔・乾燥を心がけてかけましょう。

デリケートゾーンは低刺激の石鹸で、外側だけを手で優しく洗う方法がベストです。

きれいに洗った後に乾燥することも忘れずに!

アフターケアも徹底して清潔なデリケートゾーンを保ちましょうね。

インナーブラン

今回の記事は、渋谷スキンクリニック院長・吉田貴子先生を参考にしました。
参照元: 【女性必見】皮膚科医が教える、正しい「デリケートゾーン(アソコ)の洗い方」【ニートCH】